台所つまり解消のポイント

台所つまりが発生した時に選ぶべき業者とは

このサイトでは、台所のつまりが起きてしまった時に選ぶべき業者のいくつかのポイントを紹介しています。
急いで修理する場合は、24時間対応の業者であれば緊急事態も解決可能ですし、原因に合わせた修理法をマスターしている業者ならば、臨機応変に対応してもらえます。
キッチンでトラブルが起こると慌ててしまい、修理業者の良し悪しまで頭が回らず、高額な料金を請求されてしまうこともあります。
そうした失敗をしないためにも、業者選びで見るべき点を分かりやすく解説していきます。

もしも台所のつまりが起きてしまった時に選ぶべき業者のいくつかのポイントの紹介

もしも台所のつまりが起きてしまった時に選ぶべき業者のいくつかのポイントの紹介 台所のつまりの際には専門の業者に依頼するのが一番ですが、修理業者の選び方には様々なポイントがあります。
まずスピードです。
台所のつまりは悪臭などの被害も引き起こすので、即日修理で24時間365日対応といった迅速な対応ができる業者を選ぶ必要があります。
また、工事内容と料金の説明も重要なポイントです。
事前の説明や見積もりがないと、終了後に高額な料金を請求されてしまうこともあるので、納得できる説明をしてもらえる業者を選ばなくてはなりません。
さらに、水道局指定工事店であれば安心感もあります。
もちろん技術力の高さや丁寧な対応、修理後の無料保証といったアフターサービスの充実なども、大きなポイントであるといえます。

台所のシンクつまりの修理方法と見積もりの目安

台所のシンクつまりの修理方法と見積もりの目安 一般家庭の台所には、必ずシンクという流し台が備わっています。
ここで洗い物をするわけですが、生ゴミなども一緒に流してしまうことで比較的、排水管つまりがおこりやすい箇所でもあります。
ここでは簡単に、つまりが発生した際の修理方法と専門会社を利用した時の見積もりの目安についてご紹介をしていきましょう。
つまりを解消するためには、専門会社ではワイヤーブラシを使用するのが一般的です。
台所の配管は非常に細くて複雑な形状をしており、細いワイヤーを使用して時間をかけて問題を解消します。
熟練した技術と知識がいるため、直すのには若干時間が掛かるのもポイントです。
見積もりの相場としては、約2万から3万円となります。
この費用は各会社によってことなるため、余裕がある場合は一社ではなく複数の会社に依頼をして見積もりを出してもらう事をおすすめします。
シンクの入り口付近で詰まっている場合は、ホームセンターなどで販売されている道具を活用して、ご自身で直すことも可能です。
ラバーカップという道具であり、1個980円前後で手に入れられます。
これを各家庭に1個備えておき、最初はご自身で対処をしてみるのも良いでしょう。
比較的安く解決することができます。

台所のつまりは雑巾を使用して一気に解消しよう

自宅にある水回りの場所の中でも、排水口がつまりやすくなりやすいのが台所だといわれています。台所は日々の洗剤汚れをはじめ、食べかすや油汚れが排水口に徐々に溜まりやすい場所であり、どんなに気をつけていても築年数が長くなるほど、排水口つまりのトラブルが発生しやすくなっていきます。
そこで最近水の流れが良くないと感じたなら、状態が悪化する前に自分で行える対処方法を試して見るようにしましょう。
パイプ洗浄剤を使用する方法もありますが、もっと手軽なのが雑巾を使用する方法です。これは普段掃除に使用している汚れたもので問題なく、排水口周りの設備などを全て取り外してから雑巾を詰めた状態でシンクに60度のお湯を張ります。
十分にシンクにお湯が溜まったら、あとは詰めていた布を勢いよく引き抜くことで溜まったお湯が一気に配管に流れ込むため、水圧により蓄積していた汚れが一気に除去され水の流れを解消してくれます。
もし1度で解消しないようなら、何度か繰り返すことで改善する場合が多いです。

台所つまりをパイプ洗浄剤で直すにはどのようにするのか

台所つまりを自力で解決したいと思ったときに思い浮かぶのが「パイプ洗浄剤」ではないでしょうか。ちょっとした台所のつまりであれば、パイプ洗浄剤で解決できることは多いものです。
とは言っても正しい使い方をする必要があるのと、ちょっとした工夫で効果を高めることが出来ます。その方法についてご紹介しますので、ぜひこれからの参考にされてみてください。
まず最初にやって欲しいのは、40度から50度程度のお湯に、ボトルのまま浸けて温めるということです。その後、排水口に直接ワントラップを外して流し込みます。流し込んだ後は、つまったものを溶かすために1時間程度は放置しましょう。
最後に、洗い流すときにはボトルのまま付けたお湯よりも熱いネットで流します。お湯で温めると化学反応で洗浄効果が高まるため、単にそのまま使うよりも高い効果を発揮できます。
台所で流れが悪いと感じたときにぜひ試されてみてください。また、クリーナーを流すときには記載通りの量をながしましょう。

台所の配管のつまりは階下の部屋に水漏れすることがあります

木造アパートや戸建て住宅の2階に台所がある場合は、階下に水漏れすることがあります。台所の配管のつまりの原因は、食器や鍋等を洗った時の油が固まって排水管を塞いでしまった。
その他に野菜の切りくずや、スプーン等が原因であることも原因になることがあります。自分で修理を行うためには、つまりの個所を特定することが大切です。
台所の場合の一般的な直し方はパイプ洗浄剤を使うということです。ジャバラホースを外してみると、内側に油汚れやゼラチン状の汚れがたくさんついていることがわかります。
ホースの中のが詰まっていたならこの方法で直すことが出来ます。また水を流しながらホースを突っ込んだり、針金のような長い棒で油を砕くというような昔ながらの方法で行うのが一般的です。高圧洗浄機がある場合は、それを使って除去するという方法もあります。
もちろんプロが使っているものよりもだいぶ劣りますが、それでも業者に依頼するよりは安くて済みます。

台所つまりの解消とマグネット広告の水道業者

台所は油や食べかすなど様々な汚れが発生することもあり、シンクにつまりが発生することは珍しくありません。
軽度なものであれば、清掃やパイプクリーナーの利用で改善できる可能性があるので、まずは試してみましょう。台所のつまりが自力では解消できないケースもありますが、そんな場合は水道業者に連絡することも考えてみましょう。
とはいえ、水道関連の業者も多く存在することもあり、どこに依頼して良いかと悩む人もいます。最近は、マグネット広告を出す業者も増えているので、冷蔵庫などのわかりやすい場所に貼っておけばすぐに連絡が取れて便利です。
こうした業者の中には悪徳業者もいるといわれています。電話をする前に、まずはその業者の口コミなども確認して、信頼性や実績について調べておくとより安心です。悪い評判が多い場合は、避けたほうが無難といえるでしょう。
公式サイトには夜間や早朝へのい対応、工事費用の目安などが記載されていますので、情報はよく確認しておきたいものです。

台所のつまりは油汚れが原因になって発生していることも多い

台所にあるシンクから水が流れるのに以前よりも時間がかかっている場合は、排水管の中がつまっている可能性があります。
このような台所のつまりの原因は、パイプの中に油汚れが付着していることが問題になっている場合も多いため、日頃から油の取り扱い方に注意しておくことが対策になります。
食器やフライパンなどを洗う時には、油が付いているならまずキッチンペーパーやティッシュでそれを拭き取ってからスポンジなどで洗い、水やお湯ですすぐという方法で片づけていくのがおすすめです。
少し面倒でもこのような手順を踏むことで、排水管にできるだけ油を流さないことが実現できます。台所のつまりは、食器を洗う時などに流した油が少しずつパイプの内側に付着して堆積し、水の通る部分を狭くしてしまったことが原因で起こる場合がよくあります。
そのため、揚げ物をした後の油をシンクから流さないのはもちろんのこと、炒め物などの後にフライパンに残った油汚れも拭き取ってから洗い物をするといった地道な行動が役に立つのです。

水漏れ修理のおすすめHP

キッチン 水漏れ 豊田市

新着情報

◎2022/8/20

情報を更新しました。
>台所のつまりは雑巾を使用して一気に解消しよう
>台所つまりをパイプ洗浄剤で直すにはどのようにするのか
>台所の配管のつまりは階下の部屋に水漏れすることがあります
>台所つまりの解消とマグネット広告の水道業者
>台所のつまりは油汚れが原因になって発生していることも多い

◎2021/12/24

サイトを公開しました